Information

2018/7/7

第4回 はじめての海外文学読書会

書店横断ブックフェア「はじめての海外文学フェア」特別企画 はじめての読書会・第4回!

7/7(土)GLOCAL CAFEにて、書店横断ブックフェア「はじめての海外文学フェア」特別企画
はじめての読書会!第4回を開催します。
「はじめての海外文学フェア」とは、50名を超える翻訳者たちが、初めて海外文学を読むならこれを!と推薦した本を集めた書店フェアのこと。

このフェアからスピンオフした読書会を2017年からGLOCAL CAFEで開催しています。
(第3回は<本のフェス>内イベントとして開催しました)

今回の課題図書は、『ピンポン』(パク・ミンギュ著、斎藤真理子訳、白水社)。
昨年のフェアのなかから選ばれた課題図書について、熱く語っていただきます。

とはいえ、読書会に参加したことがないという人にもぜひ気軽に参加して欲しい!
だって「はじめての読書会」ですから。

前半は書評家倉本さおりさんのナビゲートで、『ピンポン』翻訳者の斎藤真理子さん、担当編集者の白水社藤波健さん、出版社「クオン」の金承福さん、書店「双子のライオン堂」店主の竹田信弥さん、書店「BOOKS青いカバ」店主の小国貴司さんが登壇する<模擬読書会>。
見ているだけでも楽しめます。

だんだん参加したくなってきたら、後半の自由参加の時間にぜひどうぞ。
カフェのやわらかい雰囲気の中で、くつろいで海外文学についておしゃべりしましょう。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
はじめての海外文学

【日時】2018年7月7日(土)15:00-17:00(受付14:30)
【場所】GLOCAL CAFE 青山
【参加費】500円(参加費に加えてワンドリンクの注文をお願いします)
【定員】35名
【参加申込】hajimetenokaigaibungaku@gmail.com までメールでお申し込みください。
満席となりました。以後はキャンセル待ちの形でお受けします。

【申込内容】
・メール件名:「第4回はじめての読書会」
・メール本文:参加者全員のお名前(本名、または著訳書のペンネーム)

HotTopics

top