Information

2019/6/4

ドイツに学ぶ。都市を動かす「市民参加とスポーツ」の関係

オリンピックを目前に控えた青山ならではの、「スポーツ」でまちを活性化する方法を一緒に考えてみませんか。
くらしのなかにスポーツ文化の根付くドイツの例から、まちを元気にするヒントを学びます。

ドイツの都市におけるスポーツ文化やまちづくりを取材し、著書に『ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか―質を高めるメカニズム』(2016年)『ドイツの地方都市はなぜ元気なのか―小さな街の輝くクオリティ』(2008年 ともに学芸出版社)などのあるジャーナリストの高松平藏さんに、日本人の視点からみると驚くことも多いドイツのスポーツ文化について語っていただきます。

【日 時】6/4(火)19時~20時半(18時半受付開始)
【場 所】グローカルカフェ青山
【参加費】2,000円(ワンドリンク付き)
【定 員】40名

【申し込み】
peatixイベントぺージよりお申込みください。
また、peatixアカウントをお持ちでない場合にはメールでもお申込みいただけます。

【メールの場合の申込内容】
宛先: mail@sanshusha.co.jp
・メール件名:「6/4高松さん講演会」
・メール本文:参加者全員のお名前

【登壇者プロフィール】
高松 平藏(たかまつ へいぞう)
ドイツ在住ジャーナリスト。
1990年代後半よりエアランゲン市(バイエルン州)へ行き来をはじめ、2002年から同市を拠点に。同地域の文化、環境、経済、スポーツなどを取材。日独の生活習慣や社会システムの比較をベースに、地方都市の発展をテーマに執筆。他方、一時帰国のたびに自治体や大学などで講演活動を行うほか、エアランゲン市でも、集中講義とエクスカーションを組み合わせた研修プログラム「インターローカルスクール」を主宰している。著書に『ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか』 (学芸出版、2016年)他。

HotTopics

top